<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お引越し。

ブログを移転することにしました。

今後は、こちらのブログにて更新をしていく予定です。記事やコメントは全て引き継ぎました。

ブックマークの変更をお願いします!!


このブログを応援してくださった方、ありがとうございました。新しいほうでもよろしく!!

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
[PR]
by atsusuke | 2010-06-23 00:47 | 雑記

2足のわらじ

今、気象予報士の勉強もしているのだが、そうしている理由は、就職をするときに書類で落とされる確率を少しでも減らすためだ。

JALのパイロットが大量に就職戦線に並んでいるような状況である現在、これからジェネアビ(民間の飛行学校)を卒業してプロパイロットなろうとするのは、初めからかなり分の悪い戦いであるといわざるを得ない。航空会社としては、ジェットを飛ばしていた人を雇ったほうが得にきまっているからだ。かといって、今後私が、空を飛ぶこと以外のことを仕事にする意思があるかといえば、ない。それは、選択肢として絶対に容認できない。だから、プロパイロットになるには、そういう圧倒的に不利な状況を覆すだけの付加価値を身につけた「ヒヨッコ」になる必要がある。

そこで、わらじを2足履くことにした。つまり、気象予報士のパイロットだ。

パイロットであれば、気象はまったく畑違いということもなかろうが、勉強していて、「これは苦手な人も沢山いるんだろうな」という感想を持った。自然現象を測定して、結果を高度別の図面に起こし、それらの変化から未来を予測する。これは、完全に技術者の考え方だ。カオス→データ→仮説。パイロットは工業製品の運用者だから、技術者としての専門教育は受けていない。ならば、プロでも、得意ではない人は案外いるのではないかな。ひるがえって、気象の本を読んでいてものすごく楽しいと感じている私。ここに活路が見出せないかな。

過去にも私は、工業系の大学から通訳の専門学校に乗り換えて英語を鍛えたり、今の会社で技術者として働きながら、社内通訳のようなこともやったり。命綱を1本にすることに不安を覚える。常にロープを2本以上握っていたいと思っているようだ。自分を高く売るために、違う畑に出向き、そこでなじみのないものを高く売る。結果論だけれど、私は今までそういうふうに生きてきた。今回もそういう感じなのかもしれない。

P.S.気象予報士というヒントを下さったのは、このブログにコメントをくださった現役パイロットの方です。ありがとうございました!!




p.s.2ブログの引越し。一応作業はしているのですが。現在のこのテンプレート(PC版ね)が気に入ってしまってどうしようかなという状態です。。。どうしようかな。

このブログを応援してくださる方、ぜひブログ村へ! 今198位?

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
[PR]
by atsusuke | 2010-06-14 00:25 | 海外学校準備編