いい加減に起きれ

飛行機でもっともっと日本の都市間移動を便利にしたい、というような考えを実現させるのは、航空会社の社長がそう思ったときではない。社員全員がそれを理解し、賛同し、施策を実行するときである。

あ、今度からここの店に通うことにしよう、というリピーターが生まれるのは、その店のオーナーがそういう店にしようと思い立ったときではない、接客をする店員が、客にそう思わせるだけの対応をとった瞬間である。

企業の業績が上向くのは、経営陣が再生プランを発表したときではない。社員が自分の給料のことではなく、疲れたお客様に熱いおしぼりを出すのはどのタイミングがベストか、ということを考えだしたときである。


あったりまえだろ!!
[PR]
by atsusuke | 2009-01-13 22:24 | C制度編


<< 頓珍漢 無難にいきませう >>