これから

最悪の事態を考えてみよう。つまり、パイロットになれなかった場合のことだ。

 海外訓練校に入り、詐欺に遭い、無職・無一文。
 海外訓練校に入り、現地で交通事故に遭い、航空身体検査を満たす身体を失って帰国 無職・無一文。
 海外訓練校に入り、技量不足から試験にパスできず帰国。無職・無一文。
 海外訓練校に入り、卒業してもパイロットの募集がなく、無職・無一文。
 海外訓練校に入り、卒業してパイロットの募集があってもエントリーシートが通らず、無職・無一文。
 海外訓練校に入り、卒業してパイロットの募集で良いところまでいくが、落ちて無職・無一文。

確かなことは、海外訓練校から帰ってきたときは、無職・無一文だということだ。働き口の目処を少しでもつけておくことが必要かもしれない。当たり前だが、良いことばかりではないのだ、日本で空を目指すということは。
[PR]
by atsusuke | 2010-02-09 19:55 | 海外学校準備編


<< デシベル計算 目標を持つということは、もとよ... >>